Hot【B9dm アニメ b9dm.org】 Hot【B9good アニメ b9good.org】 Hot【バラエティ動画 Miomio.guru】 Hot【ドラマ 視聴 率】 Hot 【アメトーーク 動画】 Hot 【水曜日のダウンタウン 動画】 Hot 【無料ホームシアター】 Hot 【金曜ロードショー】 Hot 【土曜プレミアム】 Hot 【月曜ドラマ】 Hot 【火曜ドラマ】 Hot 【水曜ドラマ】 Hot 【木曜ドラマ】 Hot 【金曜ドラマ】 Hot 【土曜ドラマ】 Hot 【日曜ドラマ】 Hot 【毎日ドラマ】 Hot 【ドラマ 放送終了】 Hot 【バラエティ動画9tsu.cc】

9tsu | 9tsu 動画 | 9tsu 無料 | ドラマ動画 9tsu | バラエティ動画 9tsu | Youtube ドラマ 9tsu 9tsu.vip

Youtubeドラマ無料動画 9tsu – 9tsu 動画 – 9tsu.vip

多くのエピソード、見逃したエピソードをアップロードしています。 映画を見る必要がある場合は、お問い合わせください。: ドラマ動画 9tsu

こんなところで裏切り飯 第10話

産休明けの秘書が戻り、任期を終えた真理子 (志田彩良) はひっそりと榊原ホテルを去った。戻った日常― そんな中、榊原 (伊武雅刀) の出張に同行していた秘書課長の副島 (川島潤哉) がこう提案する。『今度は社長が小野寺君を驚かせたら? 』真理子の送別会を榊原が「裏切り飯」でもてなす最終話。味はもちろん、道中の胸の高鳴り、驚き、そして「誰かと食卓を囲む幸せ」これらをくれた全ての『裏切り飯』にごちそうさまでした!

こんなところで裏切り飯 第9話

成本 (梅田雅弘) が心を入れ替え、ピンチを脱したかに見えた榊原ホテル。しかし、その余波は思わぬところへ。世界的に人気の炎上インフルエンサー (LIKIYA) が動画制作で日本の榊原ホテルへ宿泊している!? 再びの大ピンチに榊原 (伊武雅刀) と秘書課総出でおもてなしするも…結果は散々。そこで、最後に託された真理子 (志田彩良) が案内する『日本の裏切り飯』とは!?

ひよっこ 第57話

みね子(有村架純)は、鈴子(宮本信子)から「すずふり亭で働かないか」と勧められる。うれしくてたまらず、調理場の省吾(佐々木蔵之介)らにあいさつしていると、ホール担当の高子(佐藤仁美)が帰ってくる。すると鈴子は慌てた様子でみね子を店の裏に連れ出し、高子による最終面接があることを忘れていたと告げる。

ひよっこ 第56話

すずふり亭に行く途中、みね子(有村架純)は人にぶつかり財布の中身をばらまいてしまう。集めるのを大学生・島谷(竹内涼真)が手伝ってくれる。その後、すずふり亭の裏の広場で秀俊(磯村勇斗)らと話していると、中華料理店の五郎(光石研)や和菓子店・柏木堂の一郎(三宅裕司)ら商店街の人たちがやって来る。

ひよっこ 第55話

工員たちが去った乙女寮で、みね子(有村架純)は、澄子(松本穂香)、愛子(和久井映見)と年末を過ごしていた。そこへ突然、転職先であるせっけん工場の社長・原田(諏訪太朗)が訪ねて来て「1人しか雇えなくなった」と告げる。どちらかは決められないと言って原田が帰った後、みね子は澄子と2人だけで話をする。

ミステリー・セレクション・万引きGメン・二階堂雪7 逃亡

二階堂雪(木の実ナナ)は警備会社から派遣され、万引きや置引き、スリの摘発などを行う保安員としてスーパーに勤務している。ある日、店内を巡回していた雪は、万引きした少女・萌(大谷みつほ)を見つけ追い掛ける。焦った萌は逃走中にバスガイドの桜井藤乃(馬渕英里何)と衝突。藤乃は骨折し、入院してしまう。天涯孤独だという藤乃の世話をかってでた雪は、赤い靴のマスコットと筑前煮が母の思い出だという彼女のために、行きつけである昭平(秋野大作)と敏江(藤真利子)の惣菜店へ。だが、なんとそこで万引き犯の萌を発見する。そんな中、雪は返品詐欺を働いた女から、地元の名士の田所静代(石井苗子)が返品詐欺の常習犯だと聞かされ驚く。翌日、雪は静代の元を訪ねるが、殺害された静代を発見する。一方、二階堂家では夫の透(角野卓造)の再就職先が悪質な催眠商法をしていると判明、雪自身も被害者に。契約を取り消すため、雪と透は二人で上司の林(篠塚勝)を出張先のホテルに訪ねるが、そこで林の死体を発見。林は最近報道されいる時効間近の殺人事件の被害者の弟で、静代殺しの容疑者だった。そんな中、雪は敏江の言動から、敏江がその未解決事件の指名手配犯・黒沼洋子だと直感する。

ミステリー・セレクション カードGメン・小早川茜8 同姓同名の女たち

カード調査員・小早川茜(片平なぎさ)はある日、所長の大杉(ケーシー高峰)から突然、人捜しを命じられる。依頼主は茜たちの会社「サンライズクレジット」大株主である川島産業の社長で、その令嬢・由香里(井上晴美)を探してほしいのだという。相棒の沢松染太郎(西村和彦)と共に由香里の捜索を始めた茜。オンラインで送られてくる由香里のクレジットカードの利用場所をチェックし、彼女が暮らしていたと思われる高級ホテルから捜索を開始する。茜たちはホテルの従業員から、“由香里がホストクラブ「薔薇の城」を頻繁に通い始めた2週間前からホテルに戻っていないこと”、“由香里がいなくなる直前、ヒロシと名乗る親しげな男に電話で呼び出されていた”との情報をつかむ。茜らはヒロシについて調べようと、「薔薇の城」を訪れた。だが、ヒロシは「薔薇の城」のホストではなく、由香里が過去に通っていたホストクラブのホストで、彼女と親密だったことが分かる。さらに、由香里が明日、長野・松本のホテルでホストを集めたパーティーを開くと聞いた茜は松本へ向かう。

ミステリー・セレクション・十津川警部シリーズ12 丹後殺人迷路

十津川警部と僚友・亀井刑事が殺人現場に残された謎に血文字を発端とする連続殺人事件の解決に挑む。十津川警部シリーズ12「丹後殺人迷路」◆キャスト渡瀬恒彦→十津川警部(警視庁捜査一課警部)伊東四朗→亀井正(十津川の同僚刑事)小野ヤスシ→本田(捜査一課長)山村紅葉→中島かよ(捜査一課刑事)若山騎一郎→日下刑事(同)堤大二郎→西本刑事(同)片桐竜次→八木警部根津甚八→柴田敬一郎(元射撃選手)斉藤慶子→南条ミキ(新聞記者・柴田の恋人)山本緑→柴田キク(柴田の母親)市川左團次→狩野重之(政治家)中島宏海→古田雅美松澤一之→平野栄伊藤哲哉→田嶋正明岡本美登→和田広志加倉井えり→相沢あかね久保晶/川井博之/山田アキラ/樋口しげり/大村浩之/つちだりか/上原由恵/具志堅安史/大道寺俊典◆スタッフ原作:西村京太郎(新潮社刊)脚本:長坂秀佳監督:脇田時三

はよう!時代劇 暴れん坊将軍4 第2話

おはよう!時代劇 暴れん坊将軍4 #2 「春の嵐!江戸城刃傷事件」松平健ほか▽城中で御徒組頭・市原千蔵が上司の小高玄之進を刺殺した。だが、なぜ玄之進を殺したのか…千蔵はその理由を全く話そうとはしない。

虎に翼 第59話

第12週「家に女房なきは火のない炉のごとし?」 (59) 初回放送日:2024年6月20日 猪爪家を飛び出した道男(和田庵)。泊めると言い出したのは自分だと責任を感じているはる(石田ゆり子)は心労がたたって倒れてしまう。

はよう!時代劇 暴れん坊将軍4 第15話

「女賞金稼ぎ、江戸を斬る」松平健▽小間物屋・弥助が浪人に斬殺された。弥助はヤクザの勘造一家に借金があったという。数日後、一家の借金取り立ての現場を見た吉宗は…, 人形町の小間物屋・弥助が、南町奉行所の門前で下顎に刀傷のある浪人に斬殺された。弥助はヤクザの勘造一家に借金があり、その激しい取り立てにおびえていたらしい。数日後、勘造一家の借金取り立ての現場に行き合わせた吉宗は、一家に身を置いていたお銀という女賞金稼ぎと知り合う。お銀は、百両の賞金首・片桐右近を追って筑前博多から江戸へ出てきたという。やがて彼女の話から、右近の下顎に刀傷があることを知った吉宗は…

ソロ活女子のススメ4 第12話

半年ごとに流行が変わるという韓国グルメを目指して新大久保へやって来た恵(江口のりこ)。まずはチーズたっぷりの「10円パン」を購入。続いて、小道で発見したローカルな雰囲気の店で出されたニラサムギョプサルと海鮮チヂミに感動した恵は、勢いそのままに次の店へ。ポッサムを楽しんでいると、そこへ留学生の集団が来店する。

はよう!時代劇 暴れん坊将軍4 第4話

おはよう!時代劇 暴れん坊将軍4 #4「女盗賊の恋」松平健ほか▽火事場泥棒を見かけた吉宗は、才三に泥棒のあとをつけさせた。やがて、その泥棒は数年前から消息を絶っている盗賊・藪塚の陣兵衛の手下と判明し…

はよう!時代劇 暴れん坊将軍4 第5話

おはよう!時代劇 暴れん坊将軍4 #5 「天晴れ!孝行息子に名裁き」松平健ほか▽町奉行所の月番が北から南へかわった途端、急激に米の値段が上がり始めた。南町奉行・大岡忠相が調べるも原因がよくわからない…

好きなオトコと別れたい 第12話

なかなか浩次(毎熊克哉)のことを吹っ切ることができない郁子(堀田茜)は、青山(木村慧人)に背中を押され、浩次の行方を捜す。数日後、郁子と浩次はついに再会を果たすものの、浩次は「俺は郁子に何もしてあげられない」と郁子を拒絶。「本当の気持ちを聞かせて」と涙ながらに訴える郁子に、ようやく浩次は本音を明かす。

君とゆきて咲く 第9話

渋川(簡秀吉)が粛清されたと察した大作(前田拳太郎)は、罪悪感にさいなまれ、吐き気が止まらずにいた。渋川の一件により、大作も丘十郎(奥智哉)も“正しさ”や己の進むべき道を迷い始める。一方、芹沢(三浦涼介)が会津藩主・容保(味方良介)との謁見に姿を現さず、容保からの信頼が揺らぎ始めたことで、幹部はざわついていた。

愛してるって、言いたい 第6話

ようやく気持ちの整理がつき、沢田(吉沢悠)に自分の正直な気持ちを伝えることができた樹(安達祐実)は、ずっと思いを伝えてくれていた佐藤(小池徹平)と付き合うことに。久しぶりのデートを楽しむ2人だが、ある日樹が帰宅するとマンションの前でスーツ姿の竜(草川拓弥)が待っていた。

買われた男 第10話

予約が入ったヤマト(瀬戸利樹)が向かった部屋にいたのは元妻の香苗(小島梨里杏)だった。驚くヤマトに彼女は、ヤマトと離婚した当日に女性用風俗に行ったと言い、本当はヤマトに満たしてほしかったと思いをぶつける。離婚後もお互いの存在に縛られていたことに気づいた二人は、本当のさよならを告げて別れていく。

ブルーモーメント 第9話

園部肇一(舘ひろし)が進めていた国家防災プロジェクトの工場でガス爆発事故が起こり、緊急記者会見が開かれる。肇一は窮地に立たされ、さらに彼のポストを狙う政治家の新島元樹(伊藤英明)が現れる。そんな中、観測史上最強クラスの台?が東日本に近づいていることが晴原(山下智久)と雲田(出口夏希)の解析により判明する。

柚木さんちの四兄弟。 第15話

湊(山口暖人)の学校の上履きの靴ひもが切られる事件が起こる。怒った尊(大野遥斗)と宇多(泉有乃)は犯人探しを始める。宇多の捜査は的外れだが、やがて椿(一色香澄)がやったことだと分かる。椿の姉でスーパー生徒会長と呼ばれる桜(星乃あんな)は椿を責めるが、椿は悪いのは湊の方だと自分の非を認めない。重苦しい空気の中、湊は椿をかばい、二人だけで話したいと椿とともに屋上へ向かう。v

虎に翼 第58話

第12週「家に女房なきは火のない炉のごとし?」 (58) 初回放送日:2024年6月19日 寅子(伊藤沙莉)は、はる(石田ゆり子)の了承を得て、道男(和田庵)を猪爪家に居候させることに。寅子の判断は職場でも反対されてしまう。

墜落JKと廃人教師 特別総集編 第0話

成績優秀だがネガティブ思考が強い女子高生・落合 扇言(髙石あかり)は、失恋を苦に学校の屋上から飛び降り自殺をしようとしていたところ、物理教師の灰葉 仁(橋本涼)に邪魔をされてしまう。 授業を抜け出して屋上にやってきた灰葉仁は、「灰仁(廃人)」というあだ名で呼ばれるほど生徒から舐められており、まさに自殺をしようとしていた扇言からすらかわいそうに思われるほどだった。 「死ぬ前に俺と恋愛しない?」灰仁が言ったその言葉は、自殺を思いとどまらせるための嘘なのか、それとも本気の告白だったのか??。灰仁の態度からは判断がつかずに、自殺を思いとどまった扇言は、灰仁のクズさにあきれ続けながらも、どこか惹かれていく。そして、灰仁は事あるごとに扇言を付け回すようになり…!? クズ教師×ネガティブJKの吊り橋効果ラブコメディ!

はよう!時代劇 暴れん坊将軍4 第14話

「酔いどれ女の風車」松平健▽江戸の町に辻斬りが現われ人々を震え上がらせている中、孫兵衛から公儀の工事に賄賂が使われているらしいとの報告を受けた吉宗は…, 江戸の町に辻斬りが現われ人々を震え上がらせている中、吉宗は公儀の工事に賄賂が使われている事を知る。このところ、人足の請負師の顔ぶれが片寄りすぎているという。そんな中、吉宗は紋次郎と行った飲み屋でお房という酌婦と知り合った。紋次郎はお房から“うちの亭主にそっくり”と言われ、鼻の下を伸ばして店に通っているらしい。その夜また辻斬り騒ぎが起こり、その騒ぎの直後、お房が浪人に襲われているのを目撃した吉宗は…

墜落 JKと廃人教師 Lesson2 第1話

2023年に放送された「墜落JKと廃人教師」の続編。ネガティブな女子高校生・扇言(高石あかり)も高校3年生に進級。互いの思いを知りながら、決して一線を超えないクズ教師・灰葉(橋本涼)との関係も少しずつ変わってきていた。ある日、美術の授業で「原風景」の課題に取り組んでいた扇言は、幼い頃の記憶をたどる。

肝臓を奪われた妻 第12話

生花店から姿を消した結人(近江晃成)を捜し回る優香(伊原六花)の元に「結人は中村光星のマンションにいる」という電話がかかってくる。小栗(戸塚純貴)と共に光星のマンションに向かうと、ソファで穏やかな顔で寝息を立てている結人を発見。責め立てる優香に対し、光星は「母親失格だな」と痛烈な言葉を浴びせる。

さっちゃん、僕は。 第2話

紫乃(石川恋)と一夜を共にした京介(木村慧人)が部屋に戻ると、壁越しにノックをする音が。京介が紫乃の部屋を再び訪ねると、やがて二人は求めるように体を重ね合わせる。一方、何も知らない早智(中山ひなの)は、京介と体の関係がないことを友人に相談していた。そんな中、京介は朝日(のせりん)から意味深な言葉を投げかけられる。

お迎え渋谷くん 第12話

渋谷(京本大我)から一方的に別れを告げられて数日、愛花(田辺桃子)は日常をこなすことで精いっぱいだった。渋谷は、芝居に影響が出て響子(長谷川京子)に叱られてしまったのち、メールを残して姿を消してしまう。響子は愛花に渋谷の居場所を尋ねるが、愛花には見当がつかず、ファンの目撃情報を検索して捜し回る。

燕は戻ってこない 第8話

リキ(石橋静河)は日高(戸次重幸)とダイキ(森崎ウィン)に妊娠の事実を伝え、それぞれに父親の可能性があると告げる。一方、悠子(内田有紀)はリキから打ち明けられた秘密を抱えることに耐えきれず、基(稲垣吾郎)に全てを告白する。思いがけない話に混乱する基は、リキに会いに行くが、逆にある決断を迫られる。

柚木さんちの四兄弟。 第14話

椿(一色香澄)を傷つけてしまったと悩む湊(山口暖人)に、岳(永瀬矢紘)が話しかけ、湊は元気を取り戻す。一方、椿の姉の桜(星乃あんな)は不機嫌な妹に対してどう接していいのか戸惑っていた。尊(大野遥斗)は桜と話す中で、小さい頃は湊のことが苦手だったことを告白する。幼稚園児の頃のある出来事をきっかけに、母・千恵子(山口紗弥加)に気づきを与えられた尊は、湊のことを一転して好きになったのだった。

くるり~誰が私と恋をした 第11話

律(宮世琉弥)と再び付き合い始めたまこと(生見愛瑠)は、記憶が戻ったことを公太郎(瀬戸康史)に報告する。律がまことの指輪の相手だったと悟った公太郎は、もう会わないと宣言。後日、律の会社に観葉植物を届けに行った公太郎は、ある真実を知ることに。そんな中、朝日(神尾楓珠)はまことの事故現場に一人たたずんでいた。

ミステリー・セレクション・弁護士高見沢響子8

看護師・河合美紀子が刺殺された。後に、現場に駆け付けた石川耕平巡査(蟹江一平)と美紀子の不倫関係が発覚する。遺体発見から数日後、石川の妻・涼子(遊井亮子)が容疑者として逮捕される。涼子のバッグに美紀子の血痕と指紋が残っていたのだ。「現職警察官の不倫、その妻による愛人殺害!」。事件は大きく報道される。高見沢響子(市原悦子)は、旧知の警察局長・澤村茂樹(榎木孝明)の謝罪会見を複雑な思いで見守る。響子は先輩弁護士・岩崎幸四郎(佐藤慶)から涼子の弁護を頼まれる。依頼人はある有力者だというだけで、岩崎も素性は知らないという。涼子は響子に無罪を強く主張する。ところが響子の助手・久松啓子(あめくみちこ)が探し出した関係者は、怯えたように証言を拒否する。その上、響子が何者かに襲われる。間一髪、軽症で済んだが、明らかな調査の妨害に久松は脅えきっている。一方、警察は汚名を晴らすため、澤村が自ら捜査の指揮を執っていた。響子は殺害現場近くのおでん店に、殺された美紀子が通っていたことを突き止めるが…。

ミステリー・セレクション 山村美紗トラベルミステリー鉄道警察官捜査ファイル

警視庁地域課鉄道警察隊。主に痴漢やスリなど列車内で起こった犯罪を取り締まる部署だ。そこに配属された元「見当たり捜査のプロ」米長学(柳葉敏郎)と「鉄道愛好家」の木村裕也(筒井道隆)。スリの常習犯を追った2人は、被害者を訪ねたホテルの密室で瀕死の女性を発見する。自殺か?他殺か?女性が最後に残した言葉「ト、ク」の謎を追って、米長と木村は独自に捜査を始める。女性は新進気鋭のファッションデザイナーのビジネスパートナーだった。彼女の出身地の祖谷に何があるのか?大歩危、かずら橋、金刀比羅宮…四国を走るさまざまな列車を乗り継ぎ、鉄道トリックの謎を探る2人は、やがてライバルデザイナーとの火花散るファッション業界の裏側にも迫ってゆく。そして最後にたどり着いたのは、女性が捨てたはずの過去と親子の哀しい物語だった…!

ミステリー・セレクション 世直し公務員ザ・公証人 6

離婚した夫が失踪!!慰謝料と財産分与はどうなる?携帯に残された秘密の写真…事件のカギは美人弁護士が隠した涙の過去!? 世直し公務員ザ・公証人6 ◆キャスト 渡瀬恒彦、竹内都子、沖直未、山本麻生、森雅晴、犬塚弘、羽場裕一、篠塚勝、山下蓉莉枝、中島ひろ子、三條美紀、宮川ギナ、伊山伸洋、曽川留三子、澁谷武尊、渡辺典子、片桐竜次、蟹江敬三 ほか ◆スタッフ 脚本:金谷祐子 監督:増田天平

ひよっこ 第54話

みね子(有村架純)と時子(佐久間由衣)は、久しぶりに三男(泉澤祐希)に会う。向島電機の倒産や新しい仕事について近況を話し、正月は奥茨城に帰らないことも伝える。一方、ほとんどの工員が去った乙女寮は、すっかり静かになっていた。幸子(小島藤子)や豊子(藤野涼子)も荷物を整理して、次の職場へと移っていく。

ひよっこ 第53話

工場が閉鎖される日、突然豊子(藤野涼子)が建物に立てこもった。驚いたみね子(有村架純)や愛子(和久井映見)がその理由を聞き出そうとすると、豊子は胸にしまっていた自分の思いをみんなに打ち明ける。機械を運び出す業者の男たちが松下(奥田洋平)に詰め寄る中、みね子は窓の外からそっと豊子に語り掛ける。